ビジネス英会話は習ってどのくらいで話せるようになる?

ビジネス英会話は習ってどのくらいで話せるようになる?

ビジネス英会話が話せるようになるまでの期間は、基礎的な英語の学力と実際にビジネス英会話を話した時間によって決まります。
高校卒業程度の英語力があるとして、週一回、45分のレッスンだと一年はかかります。
それも予習と復習を怠らない程度に努力したとして、やはり一年は必要です。
海外に語学留学して、全く英語の世界にいたとしても、日常の英会話に慣れるまで一カ月はかかります。
そこからビジネスに通用する英語を習得するのに三か月は必要です。
英会話を習っていても、実際に自分で話さないと、上達しません。
その会話の相手を仕事以外で見つけるのが大変なのです。
ですが、英語学校で習っていれば、ビジネスの経験のある講師に出会え、実際のプレゼンテーションや交渉の具体的な方法も学ぶことができます。
実際に講師に質問してもらうと、自分がどの部分が不足しているのかよくわかります。
例え、週一回、45分のレッスンだとしてもその復習には結構な時間が掛かります。

ビジネス英会話の一番難しい所

最近では日本国内や日本人だけを相手として仕事をするだけではなくなり、一緒に仕事をするパートナーやクライアントとの会話に英語が必要なケースが増えてきています。
そこで必要となるビジネス英会話がすらすらとできるだけでステータスがあがります。
しかし、もともと日本人には難しいといわれている英会話をビジネスで使うとなると覚えるにも苦労がたえません。
普通に日常会話ができればアル程度はまかなうことができますが、ビジネスシーンでは少し伝え方を間違えてしまうとその後の仕事の結果に影響が出てきてしまうため、大事な場面で適切な英語を使うことがビジネス英会話では一番難しいところになります。
日本語の空気をよむような微妙なニュアンスは基本的に英語では使用せず、伝えるべきことをはっきりと伝えることができるようにする必要があります。
それに加えて業種や仕事の内容によって必要な英単語も習得する必要があるため、必要なポイントを優先して覚えながらステップアップしていくことが大切になります。